• この記事は、2016年12月27日(火)23時28分に、Yahoo!ブログ版「カクナン日誌」において「更新第12回 [所有車両]KATO E233系8000番台 南武線」と題して投稿した記事を再掲したものです。一部表現や文法上不整合が生じている箇所が見受けられますが、過去の活動記録を忠実に残すという観点から、修正を行わずに掲載しております。予めご了承ください。

記事もいつの間にか12本。
訪問者1500人ありがとうございます!

というわけで今回はトップページの書庫案内にあるE233系8000番台の紹介を。
KATO製で、今年(あ、あと4日....)の8月に入線しました。
室内灯フル装備ですがDCCのキカイは非搭載です。

実車は南武線の205系・209系の置き換え用として2014年(たしか10月13日)にデビュー。E233系ファミリーの最終増備グループです。1年程で205系・209系計35本を置き換えましたが、現時点では209系1本が在籍しています(大宮に入場中のE233系0番台の青編成に南武線転属説がありますから先は長くないかもしれません)。特徴は、横浜線用の6000番台に続いて路線のオリジナルロゴを貼り付けたり、車内の座席モケットはオリジナルデザインとなったりした点です。またパンタグラフ付近に安全帯フックが取り付けられました。現在は南武線の主力として活躍しています。

実車の紹介はこれぐらいにして
img_0 (1)
前から。書庫案内の写真これに変えようかな。
では各車両を見ていきましょう。
img_1 (1)
クハE233-8009 1号車、川崎方面先頭車です。ロゴがしっかり再現されています。床下はライト消灯スイッチが搭載可能でしたので搭載しました。
img_9 (1)
クハE232にもですが前から写真撮ると室内灯がハレーションするので画用紙を切ってカーテン風にしました。かなりアバウトですが目立たないのでこれで十分かと思います。
img_2 (1)
続いてモハE233-8009 2号車です。VVVFインバーターと予備パンタ(左側)を搭載しています。
実は実車のパンタのアームは丸いのですがKATOのは四角い(E231系と共用)のでTOMIX製に交換しました。他社だし接着しなきゃあかんかなーと思ったらすんなりはまってくれました!足が長かったので少しカットする、加工はそれだけでしたので簡単でした。
img_3 (1)
↑KATO製。そうそう車体の話ですが安全帯フックのモールドが無いんですよね。加工して失敗するよりかは安全な 妥協 という選択をしました....
img_4 (1)
↑TOMIX製。アームが丸いです(写真では判りにくいですが)。色もシルバーなので実感的です。

img_5 (1)
モハE232-8009 3号車です。SIVを搭載しています。
img_6 (1)
モハE233-8209 4号車、弱冷房車です。VVVFインバーターを搭載しており、模型でもフライホイールのモーターを搭載しています。こちらのパンタもTOMIX製に交換しました。
img_7 (1)
モハE232-8209 5号車です。SIV搭載ができるようになっています。あれ、床下のスカスカ度があの205系と互角な気がするのは気のせいでしょうか?
img_8 (1)
最後にクハE232-8009 6号車です。屋根上にはWimax(情報受信用で車内にFREEWifiとかはありません)アンテナがあります。

で最初に書いたとおり室内灯を搭載して更には車内を塗装しました。塗装するかしないかの違いを比べてみましょう。(塗装して無い方は知人から貸して頂いたE231系に室内灯を取り付けたものです)
img_10 (1)
そして
img_12 (1)
判りましたでしょうか?下が塗装したもの、上がしていないものです。車内を塗装することによってより一層E233系らしさが出たと思います(比較対象はE231系ですがグリーンガラス、車内の成型色という点ではE233系と同じですので大丈夫かと)
車内塗装とかは別記事にします

では

  • 以下の記事は、2018年8月1日(水)4時11分に、Yahoo!ブログ版「カクナン日誌」において「更新第114回 [所有車両]KATO E233系8000番台 南武線」と題して投稿した記事を再掲したものです。一部表現や文法上不整合が生じている箇所が見受けられますが、過去の活動記録を忠実に残すという観点から、修正を行わずに掲載しております。予めご了承ください。

また少し投稿に間が空いてしまいましたが…
今回は
img_12_m
こいつです。
あれ、車両紹介してたよね…?と思う方もいるかも知れません。
実際1年以上前に投稿しましたが、紹介の体系化がまだなされておらず、見づらい面もあったので新しい形式で以前の内容に補足する形で紹介させていただきます。
img_1_m
クハE233-8009(1号車)
川崎方面先頭車です。NAMBU LINE ロゴも綺麗に印刷されています。

img_2_m
モハE233-8009(2号車)
VVVFの他、予備パンタを搭載しています。
img_7_m
床下機器は実車に即して色差しとステッカー貼付をしています。

img_3_m
モハE232-8009(3号車)
SIVを搭載しています。ドアステッカーは銀河モデルのモノを使用。

img_4_m
モハE233-8209(4号車)
模型ではこの車両にモーターが搭載されています。実車では弱冷房車です。
img_8_m
2号車同様に床下機器に色差しをしている他、試験的に実車にある安全帯フックを再現してみました。

img_5_m
モハE232-8209(5号車)
サハの様相を呈していますがこれでもモハです。N35編成はこの車両に線路設備モニタリング装置を搭載しています。

img_6_m
クハE232-8009(6号車)
立川方面先頭車です。白いWiMAXアンテナが特徴です。
img_9_m
このロゴ下にある左側の箱、コンプレッサーなのですが、実車と形状が異なっているため交換する予定です。

他に車内加工も進めております。
img_10_m
img_11_m
室内灯をKATO製から庄龍鉄道さんのグランライトに換装しました。プリズムが無くなった分、天井がスカスカになってしまうのでLCDや中吊り再現を進めています。

●当方のE233加工関連のツイートのモーメントです。よろしければご参照ください。
[南武線E233系(KATO/10-1340)加工のお品書き]